やっきりブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘリで救助失敗

<<   作成日時 : 2013/12/03 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

冬山になると富士山も例外ではなく、救助活動が増えます。

一刻を争う場合には、ヘリの活動も多くなります。

いつも思いのですが、彼らの活躍には目を見張ります。

ところが1日の援助では、救助した被害者を落とすミスがあり、

次の日に救出しましたが、あえなく死亡が確認されました。

救助隊員は万全の訓練を受けているでしょうかど、

ロープの操作を誤ったのか、経験の浅い隊員だったのか。

浅はかな登山者にも、多大な責任はあると思います。

雪が降ったら無理な登山はぜず、げんに謹んで貰いたい。



1日、富士山で登山者4人が滑落した事故で、静岡市がヘリコプターで男性を救助している最中に落下させていたと発表した。2日に再救助されたが死亡を確認。

   今日の花は ツバキ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
ニンゲン完璧はないのですから
冬山登山など 危険を冒しても
するのだったら 何かが起こっても
覚悟を決めて 行動して欲しいですね

救助するほうだって 命がけだと
思いますよ
おとめ
2013/12/03 23:40
おとめさん、こんばんは〜。
この登山隊は世界の最高峰まで行った経験があるらしいですよ。いくら経験があっても、やはり完璧はないですね。救助現場では風が強くて、ロープ操作が旨く行かなかったとか。双方のベテランでも、こういう事があるんですね。
ベン
2013/12/04 17:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘリで救助失敗 やっきりブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる